剣道防具の通販サイト

竹刀の材質をご説明!(桂竹、真竹、青竹、真竹青竹、燻竹)

桂竹 市販の竹刀のほとんどを占めており、台湾真竹と呼ばれる桂竹を使っています。

 

繊維が細く多いので硬く長持ちします。輸入の際の検疫で煮沸して急速に乾燥させるので、自然の水分や油分が抜け、ささくれやすいです。

真竹 真竹は寒暖や温度差がある環境で育っているので比重が重く弾性があります。

 

真竹の竹刀は、腰が強い為伸びのある面うちや鋭い返しも体感することができます。桂竹に比べると肉質が柔らかいので傷みやすいです。

青竹 一般的な竹刀は、煮沸して乾燥させるのですが青竹は日陰でじっくり長時間かけて乾燥させたもので、石膏竹(せっこうだけ)と呼ばれています。

 

自然に乾燥させているので、しっかりとした竹刀になります。

真竹青竹 真竹を日陰でじっくり長時間かけて乾燥させたものです。

 

真竹の腰の強い弾性を持ち、自然に乾燥させる事でよりしっかりとした竹刀になります。

燻竹 燻竹(くんちく)は、竹を燻して色を付けた竹です。

 

燻すことで色や香りが付くのはもちろんのこと、竹を丈夫にする意味があります。

剣道防具

これから剣道を始ようと思う方、お子様が剣道を始める方。どの剣道防具を揃えていいかわからない、ということはございませんか?剣道防具 コムでは、良質の商品を多数揃えております。また、無料サイズ交換も行っており、安心していただけます。
剣道防具 のご用命は剣道防具コム まで
TOPへ